YouTubeで英語力アップ!効果的な英語のディクテーション!!

YouTubeで英語力アップ!効果的な英語のディクテーション!!

英語の上達のために、どんな教材を使うか、どんな方法で勉強するかは非常に重要です。使う教材・勉強法によって、学習の成果に違いがでてくるからです。今回はオススメの学習方法として「YouTubeを使ったディクテーション」をご紹介したいと思います。

効率的な英語勉強法

youtubeを使ったディクテーション

英会話ができるようになるために、効率の良い勉強方法をお探しの方はいらっしゃいませんか?英語の上達のために、どんな教材を使うか、どんな方法で勉強するかは非常に重要です。使う教材・勉強法によって、学習の成果に違いがでてくるからです。

そこで、今回オススメの学習方法として「YouTubeを使ったディクテーション」をご紹介したいと思います。とても効率がよく、楽しく学べる方法ですので、ぜひ、試してみてください。

ディクテーションとは

英語の勉強法の一つに、ディクテーションという方法があります。これは英語学習の基本的な方法ですので、一度は試したことがある、という方も多いかもしれません。単語のフラッシュカードと同じくらい、王道で基本的な学習方法です。

ディクテーションの方法

ディクテーションは、どのような勉強方法なのでしょうか。簡単にいうと、英語の音声を聞いて文字に起こしていく、という作業です。一般的には、ディクテーション用の教材・もしくはリスニング用の長文音読の音声を使って、聞こえてきた英語を一語一語書き取っていきます。このディクテーションによって、リスニング力を鍛えることができます。

ディクテーション用に作られた教材を使う場合は、大きく分けて二つのやり方があります。一つは穴埋めタイプで、元からもう一つは文章全体を書き出すタイプです。穴埋めタイプの場合、教材にある程度文章が書かれていて、文章の一部だけが空欄になっているので、音声CDを聞いて、空欄の部分の単語を埋めていく、というスタイルです。

リスニングに慣れていない人は、いきなり英語を聞きとることは、かなり難しいですので、こちらの穴埋めタイプから始める方が多いです。

もう一つは文章全てを書き出していくタイプですが、こちらは始めから文章は一切書かれておらず、白紙の状態です。音声を聞きながら、自分の耳だけを頼りに、聞こえてきた英語を文字に起こしていきます。実際にやってみると分かるのですが、英語を一語一語聞き取り、書き出していくのは、かなり難しいです。かなりの集中力がいります。

ある程度リスニングに慣れてきた方であれば、こちらが断然おすすめです。少しハードルが高いように感じるかもしれませんが、全文書き出しタイプのほうが効果があり、リスニング力をかなり向上させることができます。

ディクテーションのメリット

ディクテーション

ディクテーションをする際には、しっかりと英語を聞かないといけないので、かなりの集中力がいりますが、この集中力が英語力を大幅にアップさせてくれるのです。

リスニングの勉強をしようとしても、集中していなければ勉強の効果は得られません。内容が分からないと、ただの雑音にしか聞こえなかったり、ついぼーっとして聞き流してしまうこともあるかもしれません。気がつけば、全く聞いていなかった、ということもありますよね。

こうしたことを避け、しっかりリスニングに集中させてくれるのがディクテーションです。集中して聞いていないと、英語を書き取ることができません。一語一語、音声を書き出す必要があるので、しっかりと聞こうとします。この、「集中して聞かざるをえない状況」が、リスニング強化に非常に有効なのです。

聞き流すのではなく、集中して聞くほうが、学習効果を高めることができます。そのような集中できる状況を必然的に作り出せるのが、ディクテーションなのです。

ディクテーションのデメリット

リスニング強化に非常に有効なディクテーションですが、続かずにやめてしまうという方もいます。確かに、勉強方法としては非常にシンプルなので、単調すぎると飽きてしまうかもしれません。また、音源が面白味のない内容だと、聞こうという意欲を保ちにくいのかもしれません。

わざわざディクテーション用の教材を買うのも、費用面で負担がかかります。教材を選ぶための時間もかかります。教材を入手する段階で、少しおっくうに感じるかもしれません。

また、再生される音声が全く面白くなかったら、続けるのは難しいですね。よくある、「エミリーの日常」。彼女の朝の活動が英語で話されていき、道に迷って人に尋ねるシチュエーション、大学での友人とのやりとり、などなど。

英語教材でよくある内容だと、聞いていてもつまらなくありませんか?それをひたすら何度も聞いて、書き取っていく。頑張って取り組むかもしれませんが、面白味のない勉強時間になってしまいますね。

このように、教材費がかかる・単調すぎる・面白味がない、などの理由から、ディクテーションを避けてしまうかもしれません。

YouTubeのディクテーションは楽しい

ディクテーションは楽しい

一般的なディクテーションでは、嫌気がさしてやめてしまう方もいるかもしれませんが、YouTubeを使えば、楽しく、継続してディクテーションをすることができるのです。ディクテーションという勉強法自体は、リスニング力アップに非常に効果的なので、やめてしまうのは非常にもったいないことです。ぜひやり方を変えて、トライしてみてほしいと思います。

一般的なディクテーションだと、やる気が起きないという方も、YouTubeを使ったディクテーションだと、楽しく取り組めるはずです。ここから、YouTubeを使ったディクテーションをおすすめする理由を、ご紹介していきたいと思います。

英語字幕・日本語字幕がついている

YouTubeで動画を見るときに、字幕を付けることができます。画面の右下のほうに、CCというマークがありますが、これを押すと英語字幕を表示させることができます。また、その隣りにある歯車のようなマークを押すと、日本語字幕を表示させることができます。

基本的にどの動画でも、字幕を付けることができるので、好きな動画を教材にすることができます。わざわざ教材を買う必要はありませんし、確実に面白い教材で学ぶことができます。

では、実際にどのように字幕機能を活用するのか、YouTubeを使ったディクテーションの流れを簡単にご紹介したいと思います。

1、まず英語音声の好きな動画を選びます。2、動画を最後まで観て、全体の内容を把握します。3、内容を理解できない場合は、日本語字幕を付けてもう一度観ます。4、ディクテーションをしてみます。(実際に、英語を書き出してみます)5、英語の字幕を付けて答え合わせをします。

ポイントは、まず内容を把握することです。これは従来のディクテーションでも同じですが、全く知らない話だと、聞き取ること、さらに文字に起こしていくのは無理なので、まずは全体の内容を把握する必要があります。YouTubeだと、ここで日本語の字幕を付けることができるので、内容をきちんと理解することができます。

次に、答え合わせのために英語の字幕を活用します。自分で書き起こしてみた英文が合っているのか、確認することができます。答え合わせの際に、よく聴き逃していたのはどんな単語なのか、何の発音が聞き取りづらいのか、自分の弱点を分析することができます。 このような流れで、YouTubeでも問題なくディクテーションを行うことができます。むしろ、YouTubeだと自分好みの面白い動画を教材にできるので、通常のディクテーションよりも学習効果を高めることができます。

新たに教材を買わなくても、YouTubeを活用すれば、すぐに楽しくディクテーションをすることができます。YouTubeの字幕機能は優秀ですので、ぜひ有効活用してください。

音声だけではなく、動画も観れる

動画

実際にネイティブと会話をするときには、対面して会話をしますよね。電話の場合はそうではありませんが、基本的には実際に会って話をします。その際は、自然と音声だけではなく、目も使ってコミュニケーションをとっています。

口の動きや、ボディランゲージも含めて、コミュニケーションをとっているのです。そのため、英会話力をアップさせたい場合は、動画で学習するのがおすすめです。YouTubeだと、動画なので、話している人の口元を見たり、身振りや表情を見たりしながら、言っていることを理解する練習をすることができます。

実際の会話の時も、口元や身振りなど、視覚的な情報からも、何を言っているのか読み取っているものです。動画を使うことで、より実践的なコミュニケーションを学ぶができます。

いつでも・どこでも勉強できる

YouTubeを使ったやり方だと、いつでもどこでもディクテーションをすることができます。最近はほとんどの方がスマホを持っているので、それさえあれば、どこでもディクテーションを開始することができます。もともとパソコンやタブレット端末を持ち歩く習慣のある方であれば、それらを使用することもできます。

自宅でいつものようにYouTubeを開いて、ディクテーションをすることができますし、カフェや公園に行って、気分良く勉強することもができます。ディクテーション用の本や音声再生のためのプレーヤーを持ち歩く必要がないのも、YouTubeディクテーションの良いところです。

好きな動画を教材にできる

一般のディクテーション教材の難点は、面白くないところです。ディクテーション自体には確実に効果があるのに、教材がつまらなくてやめてしまうのは、本当に残念なことです。教材が面白いというのは、非常に重要な点です。興味のある内容だと、学習の定着率が高まり、結果的に成果を出すことができます。

YouTubeであれば、面白い動画、自分好みの動画を見つけることができますから、「つまらない」という問題を解決することができます。もともと好きで観ていた動画を、そのまま教材にしてもいいですし、ディクテーション用に面白い動画を探してみてもいいかもしれません。

YouTube投稿者は、動画の閲覧数で収入を得ることができます。できるだけ沢山の人に興味を持って見てもらえるよう、動画のクオリティを上げようとします。程よく競争があっているので、必然的に、面白くて何度も観たくなるような動画が、沢山アップされていきます。

YouTubeの動画は本当に種類が豊富です。バラエティ系、インタビュー系、おもしろ動画、動物系の動画、クッキング番組、メイクの仕方、などなど、いろいろなジャンルの動画があります。きっと、自分にピッタリのお好きな動画(=教材)を見つけることができると思います。

スピード調整機能

リスニング学習中に、あると嬉しい機能が「スピード調整機能」です。英語のスピードが速くて聞き取れない場合は、速度を落として聞くことができます。さっぱり聞き取れない英語を何度も聞くよりも、速度を落として、音を分解して聞きとるほうが、学習効率は良いです。

YouTube動画の端のほうに、縦に三つ点が並んだアイコン、もしくは歯車のマークがあります。それをクリックすると画質や字幕、速度など、動画の設定を変更することができます。速度のところをクリックして、0.5倍速、1.5倍速など、速度を調整してリスニングしてみましょう。

無料

無料

当たり前のことですが、YouTubeを見るのは無料ですので、ディクテーション教材も無料です。これまで、英語習得のためにある程度費用はかかるもの、と割り切って英語の教材にお金をかけてきたかもしれません。英語習得の投資として、ある程度は教材費を払ってもいいと思う方もいるかもしれません。

ですが、YouTubeだと、それらの教材費を払う必要はありません。教材費も意外とかかりますから、無料で済むのは、けっこうありがたいです。

筆記用具もいらない

普段から仕事やプライベートで、パソコンやスマホを使うという方は、タイピングにも慣れているかもしれません。そこで、紙とペンを使ったディクテーションから、タイピングスタイルのディクテーションに切り替えてみるのは、いかかでしょうか?

YouTubeで動画を再生しながら、そのままキーボードでタイピングしていく方法もおすすめです。人によっては、紙とペンを使うより、そのほうが楽だと感じるかもしれません。画面上にYouTubeと文字入力の画面を出し、ディクテーションをしていくこともできますし、YouTube再生用の端末と入力用の端末を分けてもかまいません。

自分のやりやすいように、自由にやってみてください。筆記用具を使わない方法でもディクテーションができれば、電車の中や公園のベンチ、カフェのテーブルが狭い席など、より手軽に、どこでも勉強をすることができます。

紙とペンを使わず、タイピングでディクテーションをする方法も、ありだと思います。

実用的なフレーズが多い

YouTube動画は、英語学習用の教材と違って、よりフランクで実用的な言葉が使われています。ネイティブが普段から話している言葉が使われているので、自然で実用的な言い回しを学ぶことができます。ネイティブ達の自然な英語を聞いて、すぐに使えるフレーズをどんどん吸収していきましょう。

教科書では習わない、ネイティブらしいユーモアや、英語独特の表現を、すんなり身につけることができるのも、YouTubeの利点です。面白いと思った切り返しやジョークを、マネしてみるのもいいかもしれません。

おすすめYouTube動画

おすすめ動画

ここまで、YouTubeを使ったディクテーションのメリットを挙げてきました。基本的に、お好きな動画を選んでいただいてかまいませんが、とくに何も思い浮かばない、という方のために、オススメの動画を二つご紹介したいと思います。良ければ参考にしてみてください。

「American Polyglot Practicing 20 Languages」

こちらの動画は、20ヶ国語を話せるティム・ドナーという方が製作しており、彼が言語習得について熱く語ってくれます。動画内で20ヶ国語を話している姿は非常に印象的で、彼の話す内容は非常に説得力があります。

彼が話している姿を見るだけでも、多言語を話すことへの意欲が湧いてきます。また、彼の実体験から、英語習得に役立つことをたくさん学べると思います。

「Just Forget It!」

日本語では「忘れちゃえ!」と訳すことができますが、この動画では新しい単語を覚える秘訣について紹介されています。新しい単語を覚えていく過程や、脳の構造について説明があり、より効率的に言語を学ぶヒントを得ることができます。新しい単語を学ぶことと、「忘れちゃう」ことに、どんな関係があるのか、この動画で説明を聞いてみてください。

YouTubeを使ったディクテーションは、楽しくて効率的

ディクテーション

ここまで、YouTubeを使ったディクテーションの利点とその方法についてお話ししてきました。英語勉強法の王道であるディクテーションは、リスニング力向上に確実に効果があります。YouTubeを使えば、ディクテーションの難点である「つまらなくて続かない」という問題を解決することができます。ぜひ、YouTubeを有効活用して、楽しみながら英語を勉強してみてください。

絶対におすすめ!英語コーチングスクールとは?短期習得するための秘密!

英会話習得という目標に向けて、専任コーチのように適切に導き、サポートしてくれるのが、英語コーチです。このような英語コーチが在籍しているのが、英語コーチングスクールです。今回は最近流行している英語コーチングスクールについてまとめてみました!

https://eikaiwa-step.fun/%E7%B5%B6%E5%AF%BE%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81%EF%BC%81%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F%E7%9F%AD%E6%9C%9F%E7%BF%92%E5%BE%97%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E7%A7%98%E5%AF%86%EF%BC%81

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事