英会話スクール・コーチング・オンライン・留学【学び方・選び方のすべて】

英会話スクール・コーチング・オンライン・留学【学び方・選び方のすべて】

今回は英会話スクールの種類や特徴、正しい選び方について徹底的に説明します。自分の英語学習の目的にあった英会話スクール選びができるようにぜひ参考にしてくださいね!

英語学習を始める前に

女性同士の会話

英会話スクールに通って英語を自由に操ることができるようになった自分を想像すると、ちょっぴりうれしくなるものです。しかし漠然とした考えで英語学習を始めても、思っていたような進歩を遂げることができずに、挫折したりがっかりするような結果にもなりかねません。そこで、自分は何を目標に英語学習をするのかを明確にする必要があります。

英語学習の目標は人それぞれです。英語ができるようになって海外旅行をもっと楽しみたい人、仕事で英語を使う必要がある人、留学前に英語力を付けたい人、日本にやってくる外国人とコミュニケーションをとってみたい人などがいるでしょう。また、英検やTOEICのスコアアップしたい人、英語の発音を上手にしたい、海外出張があるので急いで英語力を上げたいなどもっと具体的な目標を持つ人もいます。

そこで思いつくのが英会話スクールやコーチングに通うことです。独学だとどうしてもモチベーションをキープするのが難しいということがあります。しかし高い授業料を払って英会話スクールに通うと、「授業料の分はしっかりと元を取ってやる」という気持ちになるのではないでしょうか。さらに自分を追い詰めて英語学習を生活の一部にすることが可能になります。

とはいってもそれぞれの英会話スクールに種類や特徴があります。正しい英会話スクールを選ばないと、目標を達成することができず、お金と時間の無駄遣いになってしまう可能性もあります。そこで今回は英会話スクールの種類や特徴、正しい選び方について徹底的に説明します。自分の英語学習の目的にあった英会話スクール選びができるようにぜひ参考にしてくださいね!

英会話スクールの種類について知ろう!

カフェでの会話

英会話スクールといってもいろいろな種類のものがあるので、自分の好みや目的に合わせて選ぶ必要があります。主な英会話スクールには通学型の大手英会話教室、英語パーソナルジム・コーチングなどの短期集中型プログラム、オンライン英会話、短期留学、そしてその他の特徴的なスクールがあります。これからそれぞれの種類について説明します。

通学型の大手英会話教室

英会話スクールと聞いてまず思い浮かべるのが通学型の大手英会話教室でしょう。会話を通して英語を習得していく塾のような形で、1980年代以降広がって今に至っています。教室には英語を話す外国人講師がいて、2~5人程度の少人数のグループで英会話のレッスンをするというのが一般的です。最近ではマンツーマンレッスンに力を入れている教室もあります。駅の近くで交通の便が良かったり、様々な年代をターゲットにしている教室もあります。

よく知られている大手英会話教室に「ベルリッツ」があります。関東をはじめとして全国に教室を構え、朝は8:30から夜21:10まで都合に合わせてレッスンの予約ができます。また複数教室を利用することが可能で、職場の近くや自宅の近くの別々の教室でのレッスン予約ができます。日常英会話はもちろん、ビジネス英会話や学生向けのコースも用意しています。マンツーマンレッスンか少人数レッスンを選ぶことができ、40分の1レッスン単位で購入することができます。

ベルリッツ

ビジネス英会話に強い英会話教室・英会話スクール。マンツーマン、少人数から選べます。英語ほか、中国語・フランス語など世界10数ヵ国語に対応。子供、中学・高校生、大学生向けもご用意.

英語パーソナルジム・コーチングなどの短期集中型プログラム

最近では社会人で英語学習をしている人たちの間で英語パーソナルジムやコーチングが人気を集めています。各スクールによって呼び方は違いますが、各生徒に専属のコーチまたはコンサルタントがついて、英語学習計画をしっかりと管理してもらうことができるスクールです。短期間での上達と目標の達成を目指して集中して英会話の学習をするというタイプで、各スクールが独自のカリキュラムや学習プログラムを組んで高い意識で英語学習ができるように工夫しています。

コーチング式のスクールで有名なのは、サッカーの本田圭佑選手も受講したという「PROGRIT(プログリット)」です。マッキンゼー出身のコンサルタントが設立し、英語学習で必要な「あなたにマッチした正しい学習法」を提案し、「成果が出るまで継続できるサポート」を行います。ビジネス英会話コースとTOEICコース、そしてオンラインコースがあり、それぞれ3ヵ月または2か月の短期間で専属コンサルタントのフォローを受けながら成果を出すというプログラムです。

PROGRIT(旧TOKKUN ENGLISH)

英会話レッスンにも教材にも頼らない。専属コンサルタントの徹底的なサポートのもと、無駄のない2カ月であなたの英語力を圧倒的に伸ばします!

オンライン英会話

インターネットの普及によって可能になったのがオンライン英会話です。スカイプなどを使用して、自宅にいながら英会話のレッスンを受けることができるサービスです。通学型英会話教室に比べると格安でマンツーマンレッスンを受けることができるのが特徴です。ほとんどのオンライン英会話は入会金や教材費がかからず、レッスン料だけでいいので気軽に始めることができるのも大きな特徴です。

また、ネイティブ、ノンネイティブを含む世界中の様々な国の講師のレッスンを好きな時間に好きな場所で受講できるという特徴もあります。早朝から夜遅くまで、また場合によっては24時間365日レッスンの予約が可能なオンライン英会話もあります。最近ではスマートフォンやタブレットでさらに気軽に受講できるようになっています。

オンライン英会話で有名なのは「DMM英会話」です。25分のマンツーマンレッスンを毎日受講することができて月額5,980円からになっています。また24時間365日いつでもレッスンを受けることができます。講師はネイティブを含む111ヵ国で、自分の趣味や目的に合ったピッタリの講師を毎回選ぶことができます。またレベル別、目的別に8,095以上の教材を無料で利用することができます。

DMM英会話

英会話の習得は練習量と目標設定で決まる!スピーキングテストで成長も実感できる。有料会員はiKnow無料。初回は日本人講師で安心。講師100カ国以上在籍。ハイレベルな講師品質。DMM英会話は満足度No.1。24時間いつでもレッスン。オンライン英会話業界No.1。

短期留学

思い切って海外に英語短期留学に行くという方法もあります。そして最近人気があるのがフィリピンやマレーシアへの短期留学です。英語圏への留学に比べると、近くて格安だということで人気を集めています。フィリピンもマレーシアもアジアでは英語力が非常に高く、質の高い英語学校がたくさんあります。フィリピンには日本人経営者の学校がたくさんあり、マンツーマン授業がメインになっています。スパルタ式などの詰込み型のスタイルでしっかりと学習できるようになっています。

マレーシアは欧米の語学学校と似ていて、15人前後でのグループレッスンがメインになっています。中東や旧ソ連からの生徒が多く、国際的な雰囲気を楽しみながら英語学習を進めることができます。1日の授業時間もフィリピンに比べると短く、海外での環境も楽しみながら留学生活を送ることができます。

フィリピン・セブ島は短期留学で有名ですが、その中でも日本人が経営している「CROSSxROAD」がおすすめです。「世界一周」、「ワーホリ」、「海外キャリア」、「親子留学」に特化した専門コースが用意されていて、事前学習サポートやレッスン料、食費や宿泊費、クリーニングや掃除サービスなども含めて4週間で125,000円~というリーズナブルな料金で留学することができます。日本人スタッフがいるので初めての海外留学でも安心です。

その他特徴的なスクール

これらの他にも、特徴的なスクールがあります。例えば女性限定の英会話スクールです。女性のための英会話スクールなので、レッスン内容や環境、女性講師などのクオリティが高くなっています。有名な女性限定英会話スクールに「bわたしの英会話」があります。女性限定だけでなく、「英語を初めて学ぶ大人女子(主に30歳以上)」の世代に特化しています。英会話初心者でも安心して始められ、おしゃれな空間でレッスンを楽しむことができます。

また子供向けの英会話スクールもたくさんあります。子供が楽しみながら英語を身に着けることができるよう各スクールが様々な工夫をしています。その中でも子供向けオンライン英会話の「GLOBALCROWN」は講師に日英のバイリンガル講師を採用しています。英会話が初めての子供でも、日本語でフォローを受けながら無理なくレッスンを進めることができるようになっています。

さらに安価で英会話上達を目指したいという人に人気の英会話カフェというのもあります。スクールに比べると会話のテーマなどの自由度が高く、リラックスした環境で自然に会話をすることによって英会話の実践力を付けることができます。

bわたしの英会話

女性限定・初心者専門のマンツーマン英会話「bわたしの英会話」は、英会話をはじめて学ぶオトナ女子のための英会話教室です。今まで、英会話挫折してきた人、本当にはじめての方だけのためにあるスクールです。

どれを選べばいい?英会話スクールの正しい選び方

スクールの選び方

英会話スクールに様々な種類があることが分かりましたが、実際に選ぶとなるとたくさんありすぎて迷ってしまいますよね。しかし英会話スクールを選ぶときのポイントは種類だけではありません。それぞれのスクールには独自の学習メソッドやコース、カリキュラムなどがあります。またどんな教材を使用するのか、講師はどこの国の人かなどもとても大切な要素になってきます。それで、自分の目的に合った英会話スクールを選ぶためのポイントをさらに挙げてみますね!

学習メソッド

ただ漠然に英語学習を進めていても英会話の上達は望めません。そこにはしっかりとした学習メソッドが必要になります。英会話スクールは英語教授のノウハウを詰め込んだそれぞれの学習メソッドを開発しています。それらのメソッドに従って学習を進めることにより、確実に英会話の上達を期待することができます。メソッドは英会話スクールごとに違いますし、一般的なメソッドを取り入れているところもあります。

それで、気になる英会話学校が見つかったら、どんなメソッドで英語教授をしているのか確認するようにしましょう。異なる学習メソッドから、自分に合いそうなものを選ぶようにしましょう。どんなに評判がいい学習メソッドでも、自分との相性が悪いと十分な効果を得ることができないことがあります。それで、自分に合いそうな、そして十分納得できる学習メソッドを選ぶようにしましょう。

学習メソッドには、「ベルリッツメソッド」のように英会話スクール独自のメソッドがあります。このメソッドは母国語を介さずに習得したい言語だけを使い、その言語で理解して反応できるようにするものです。130年以上にわたって世界中で使われている学習メソッドです。また「カランメソッド」はイギリスのロビン・カラン氏が考案した通常の4倍の速さで英会話力が身につくというメソッドで、たくさんの英会話スクールが採用しています。

ベルリッツ

ビジネス英会話に強い英会話教室・英会話スクール。マンツーマン、少人数から選べます。英語ほか、中国語・フランス語など世界10数ヵ国語に対応。子供、中学・高校生、大学生向けもご用意.

コース

英会話のコースの選び方

英会話スクールには生徒の英会話レベルや目的に合わせて受講できるコースが用意されています。例えば「日常英会話コース」、「ビジネス英会話コース」、「留学コース」、「旅行英会話コース」などです。自分が英会話をなぜ習得しようとしているのかを考えてから最適なコースを選ぶようにしましょう。また各コースに自分がやりたい内容が組み込まれているかどうかも確認するといいでしょう。

例えば「ビジネス英会話コース」ですが、その中には「電話対応」や「ミーティング」、「海外出張」や「プレゼン」など、ビジネスの中で英語が必要な場面がより詳しく設定されています。自分が必要とするトピックが含まれているかどうかを確認してから申し込むようにしましょう。

ほかにも「英検コース」、「TOEICコース」など資格対策のためのコースや、「短期集中コース」など数か月間で一定の目標を達成できるようにするコース、「小学生コース」や「高校生コース」など学校での英語学習をサポートするためのコースもあります。

カリキュラム

カリキュラム

カリキュラムとは、英会話上達のための学習プランのことです。それには、いつどのような教材を使用するのか、どのようなメニューをこなしていくのかなどが関係しています。英会話スクールごとにカリキュラムが用意されているので、確認するようにしましょう。

個々の生徒によって英語学習の目的や目標が異なるものです。英会話スクールのいいところは、個々の必要に合わせてオリジナルのカリキュラムをカスタマイズしてくれるという点です。最初にレベルチェックテストをしたり、カウンセリングを受けて、どんなプランで学習を進めていくといいのかを話し合ってからレッスンをスタートするというところがほとんどです。しっかりとした学習プランを立てることによって効率的に英会話の上達に向かうことができます。

教材

教材テキスト

効果的に英語学習を進めていくために、どんな教材を使うのかも大切なポイントになります。英会話スクールで使用する教材は市販のものと各スクールのオリジナルのものに分けられます。市販のものはオックスフォード出版のものなど、世界中で使用されているテキスト教材です。また英会話スクールごとに様々な工夫を凝らして作成されたオリジナルテキストもあるので、体験レッスンなどで確認しておくといいでしょう。

最近ではテキスト教材に加えて、オンライン教材や動画教材なども提供する英会話スクールが増えているようです。また自分の好きな教材を持ち込んでレッスンに使用することができる英会話スクールもあります。それで、どんな教材を使用するのか、前もってしっかりと確認することをおすすめします。

これらの教材の費用は別途支払いの必要がある場合もあるので、事前に確認してくださいね。オンライン英会話などでは、たくさんのオリジナル教材を無料でダウンロードできるようにしているところがたくさんあります。

講師・先生の質・レベル

先生の質

英会話スクールでもっとも重要なポイントのひとつになるのが講師の質です。講師の教える能力は生徒の上達に直結してきます。また教える能力だけでなく人柄も大切です。生徒のやる気を引き起こせるような人柄だと、楽しくレッスンを進めていくことができるでしょう。それで、どんな過程で英会話講師の採用をしているのかなども確認することができるでしょう。

英会話スクールの講師を大きく3つに分けると、ネイティブ講師、ノンネイティブ講師、日本人バイリンガル講師になります。ネイティブ講師からは正しい発音や実際に使われている表現などをダイレクトに学ぶことができます。とはいっても、出身地によって発音や表現が違うことも多くあるので、講師はどこの国の出身なのかをチェックしておくようにしましょう。アメリカ、イギリス、アイルランド、オーストラリアなど、どの国の英語を習得したいのかを考えておくようにしましょう。

ノンネイティブ講師といっても、英語を第二公用語として使用するフィリピンなど、ほぼネイティブレベルの質の高い講師を揃えているスクールもあります。ビジネスや旅行では、実際にはノンネイティブの人たちと会話する機会が多いので、とにかくいろいろな発音の英語に触れてみたいという人にはおすすめです。また英会話初心者や日本語で解説してほしい人には日本人バイリンガル講師が最適です。

レッスン形式

グループレッスン

レッスン形式は大きくマンツーマンレッスン形式かグループレッスン形式に分けることができます。そして各英会話スクールによってどのようなレッスン形式が用意されているのかが違ってきます。中にはマンツーマンレッスン形式に特化した英会話スクールもあります。それで、英会話スクールを選ぶ前に自分がどのレッスン形式を希望するのかを前もって決めておく必要があるでしょう。

マンツーマンレッスン形式は講師と生徒が1対1でレッスンを受ける形式です。講師を独り占めすることができ、たくさん話す機会が与えられます。グループレッスン形式は一人の講師と数人の生徒で行うレッスンです。生徒の数は英会話スクールによって違うので、人数を確認しておくようにしましょう。マンツーマンレッスンに比べると話す機会が少なくなりますが、発言のタイミングや他の生徒が使う表現などを学ぶこともできます。

料金システム 月謝や教材費について

費用

どの英会話スクールにするか決める前に知っておく必要があるのが費用です。各英会話スクールによって料金システムが違うので、しっかりと確認するようにしましょう。体験レッスンなどで見積もりを出してもらうことをおすすめします。そうすることによって正確な数字を知ることができるので、他のスクールとの比較や検討する際に役立てることができるでしょう。

英会話スクールによっては、入学金や教材費が別に発生することもあります。またコースによって料金が変わることもあります。支払いスタイルも月謝制だったり、一括か分割で一定期間の費用をまとめて支払う必要があるところもあります。1レッスン当たりの時間も英会話スクールによって違うのでチェックしておくようにしましょう。

カウンセラー

カウンセラー

講師とは別に、学習相談など様々な悩みを相談できる日本人カウンセラーがいます。このカウンセラーの質も英会話スクールによって異なります。カウンセラーが親身になって相談に乗ってくれるか、素早く対応してくれるかなどは、英語学習を進めていくにあたって非常に大切なポイントになります。また、最初に学習プランを立てたり教材を選ぶときにも助けてくれる存在です。それで、カウンセラーの質について知っておくことも大切です。

オンライン英会話にも日本人カウンセラーを用意しているところがたくさんあります。スカイプなどで連絡を取ったり、テキストメッセージを残すという方法で相談を持ち掛けることができます。いつでも連絡が取れるようになっているのか、メッセージの返信は迅速かなども前もって調べておくといいでしょう。いざというときに頼りになるカウンセラーがいると心強いものです。

サポート体制

サポート

レッスン時間以外の時間も英語学習にはとても大切な時間だということができます。実際のところ、週に1回だけのレッスンで英語が上達するはずがありません。それ以外の時間で自習することがとても大切です。それで、レッスン以外の時間でのサポート態勢についても調べておくようにしましょう。自習学習用の教材やオンラインで自習ができるようにしている英会話スクールもたくさんあります。

また、自習スペースが充実している英会話スクールもあります。英字新聞やパソコンなどを用意して、レッスン時間以外のいつでも利用できるようになっています。レッスンの予習復習やリスニング教材などを利用して自習時間を有益なものとすることができるでしょう。また行きかう外国人講師にあいさつしたりちょっとした会話ができたり、生徒同士のコミュニケーションの場ともなるので、このような自習スペースも大切なポイントになります。

さらに、カウンセラー、コーディネーター、コーチ、コンサルタントなど英会話スクールによって呼び方が違いますが、これらの人が必要な時にいつでもサポートしてくれるスクールもあります。一定期間ごとに満足度調査をしたり、上達度のチェック、カリキュラムの見直しなどをしてくれるところがあります。つきっきりでサポートしてほしいという人はパーソナルジムやコーチングがおすすめです。

立地

地図

どんなに気に入った英会話スクールでも、いざ通学するとなると立地も非常に大切なポイントになります。交通の便が悪かったり、雨の日など天候が不順な場合の通学についても考えておくようにしましょう。駅から近いかどうか、自転車や徒歩で通うことができるかなどもチェックするようにしましょう。毎週通うことになるので、通学が不便なためにモチベーションが低下するようなことは避けたいものです。

また自宅の近くにするのか、職場の近くにするのかも考えるようにしましょう。別の校舎でのレッスンを受けることができるところもあるので、そうすれば平日は職場の近くで、休日は自宅の近くでレッスンを受けることができます。

オンライン英会話でも、オフィスからのレッスンであればインターネット回線が安定している地区にオフィスがあるか、自宅からのレッスンであれば講師が住んでいる国や地域のインターネット環境や、停電が頻発するようなところではないかなどを確認しておくといいでしょう。留学の場合は特にスクールや宿泊施設の周辺の治安、通学手段などを前もって確認するようにしましょう。

無料体験レッスン・体験入学を受けてみる

ほとんどの英会話スクールは無料の体験レッスンや体験入学を提供しています。実際に体験することによって、レッスンの雰囲気や質を知ることができます。また自分に合いそうかどうかなども見極めることができるでしょう。無料なのでリスクもなく、いくつかの英会話スクールの体験レッスンを受けることによって比較することができます。

無料体験レッスンだと、レッスン後にカウンセラーに強引に入学の即決を迫られるのではないかと心配する人もいますが、最近はそのようなことはなく、むしろ英語学習の提案をしてくれたり、正確な見積もりだけを出してくれるということが多いようです。体験してみないとわからなこともたくさんあるので、まずは体験レッスンでスクールの雰囲気や講師のレベルなどをチェックするようにしましょう。

比較・検討し、ベストなスクールに申し込む

比較する

気になる英会話スクールが見つかったら、まずは体験レッスンを受けるようにしましょう。正確な見積もりや学習プラン、講師の質やスクールの雰囲気などを比較して、しっかりと検討したうえで自分にとってベストなスクールに申し込むようにしましょう。一般的に英会話スクールは最初に高額な受講料を支払うことが普通なので、契約書などの書類はしっかりと確認するようにしましょう。途中で受講ができなくなった場合なども考えて、解約事項なども確認しておいてください。

こんなところ要注意!その他の英会話スクールのチェックポイント!!

ミーティングする女性たち

ネイティブの先生のほうがいいのか?

「やっぱり先生はネイティブでないとダメだ!」などという意見も聞かれますが、どうでしょうか?確かにネイティブ講師のメリットはたくさんあります。まずは何といっても英語を母国語としているので、より正確な発音や表現を学ぶことができます。また間違った話し方をしていたらきちんと修正してもらうことができるでしょう。さらに英語圏でのニュースや話題、流行などについても最新で正確な情報を得ることができます。

しかし、英語話者の大半がノンネイティブだということも忘れてはなりません。海外旅行やビジネスでは、ノンネイティブの人たちとの会話をたくさんすることになります。それで、ノンネイティブ講師の発音などに慣れておくことも実践の場ではメリットになるでしょう。そして何といっても人件費などの影響でノンネイティブ講師のレッスンは格安なので、「レッスン料を増やしたい」、「たくさん話したい」という人にとってはメリットがあります。

また、講師がネイティブかどうかに加えて、講師としての質や人柄も非常に大切です。口数が少なかったり話題に乏しい講師では、生徒のモチベーションを保つのが難しくなるでしょう。特に「ネイティブじゃないとダメ」というこだわりが無ければ、いろいろな国の講師のレッスンを受けてみることをおすすめします。

日本人の講師のメリット

日本人の先生

日本人バイリンガル講師を採用している英会話スクールもあります。実は、英語を英語だけで学習するのはそれほど簡単なことではありません。細かいニュアンスの違いについての解説などは日本人講師にしかできません。また英会話初心者の場合は、外国人講師のレッスンを受けてみたものの、わけのわからないままレッスンが進んでしまって何も学べなかったということもあります。このように分からないときに質問しやすい日本人講師のほうがいいという人もいます。

英会話初心者だけでなく、ある程度の英会話レベルがあっても、日本人講師からこれからの英語学習の秘訣や提案を受けたり、留学相談などができるなど日本人講師ならではのメリットに気付いた人もいます。それで、講師が選べるような英会話スクールの場合は、ある一定の期間ごとに日本人講師のレッスンを受けてみることもおすすめです。

まとめ

笑顔の先生

英会話スクールの種類や選ぶ際のポイントなどについてまとめましたがいかがでしたか?英語学習には時間と費用がかかりますが、できるだけ効率よく、そして自分にとって効果的な英会話スクールを選びたいものです。すべての英会話スクールの比較検討はできませんが、まずはいくつか気になる英会話スクールをインターネットで検索して調べてみるようにしましょう。それぞれの英会話スクールの特徴や口コミなどは参考になりますよ。

それから体験レッスンを受けてみて、自分に合っているかどうかを検討します。このように正しい方法で自分に合った英会話スクールを選ぶことによって、挫折することなく目標に向かってしっかりと英語学習を進めていくことができるでしょう。英会話の上達を目指している皆さん、上記の提案をぜひ参考にしてみてくださいね。そして、目標に向かって頑張ってください!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事