日本人は「英語の発音」を甘く見ているけど実は結構重要です!

日本人は「英語の発音」を甘く見ているけど実は結構重要です!

日本人は発音をあまり重要視してない傾向がありますが、発音が正確になれば、グッと会話がしやすくなり、ネイティブとの距離もグッと縮めることができます。この機会に、今まで身に付けた英語力を、海外でも通じるレベルに引き上げるために、「発音」を少しだけ見直してみませんか?

英語が通じないのはなぜ?

英語力

みなさんは、外国人と話しているときに、「うまくコミュニケーションがとれない」と思ったことはありませんか?もちろん、語彙が不足していて、物の名前や単語が思い浮かばない、ということはありますが、実はそれ以外にも原因があるのです。

長年、英語を勉強してきて単語はたくさん知っているし、文法も間違っていないはずなのに、何故かうまく通じないという場合、原因はどこにあるのでしょうか?お気づきかもしれませんが、多くの場合、原因は「発音」にあります。

語彙を増やし、文法を学ぶことに加えて、重要なのが「発音」です。日本では義務教育で何年も英語を学んできているはずなのに、海外で通用しないのは、発音が正確でないからです。逆に、基本的な英語の知識があるのであれば、発音を改善するだけで、英会話レベルを海外でも通用するランクにまで引き上げることができます。

発音が正確になれば、グッと会話がしやすくなり、ネイティブとの距離もグッと縮めることができます。この機会に、今まで身に付けた英語力を、海外でも通じるレベルに引き上げるために、「発音」を少しだけ見直してみませんか?

発音が悪いと損すること

これまで、英語の発音はあまり重要視されてきませんでした。中学、高校の英語の先生のことを思い出してみてください。全ての先生がネイティブのようにキレイに英語を発音できる、というわけではありません。

「別に発音が悪くても、相手に通じれば問題ないのでは?」といった声もちらほら聞こえてきますが、発音を侮ってはいけません。英語が発音できないことのデメリットは、思ったよりたくさんあるんです。

簡単な言葉でも通じない

基礎的な英語力があれば、「~へ行ってください。」「~を一つください」という簡単な文章はすぐに浮かびますね。でも、いざ外国で使ってみると、全く通じず自分の英語力に自信をなくしてしまうかもしれません。

使った単語が間違っていたのか、文法が違っていたのか不安になるかもしれません。「今まで勉強してきたことは何だったんだろう」と、落ち込んでしまうかもしれませんが、問題は発音だけなのかもしれません。

英語で話すことがストレスになってしまう

発音がきちんとできていないと、相手にうまく通じません。例えば、海外のレストランで注文をするとき、毎回「What?」と聞き返されてしまうと、英語を話すことに苦手意識をもってしまうかもしれません。

私の友人の経験ですが、サンドイッチの中身を選べるファーストフード店での出来事です。本来はサンドイッチの中身を選べるお店だったのですが、その友人は発音に自信がなく、毎回「All」と答えていたそうです。「トマト」、「レタス」、「ピクルス」と選んでいっても、毎回、「What?」と聞き返されてしまうので、「全部入れてください」と答えていたそうです。ピクルスを食べたくない気分でも。

このように、うまく通じないという失敗が多いと、簡単な英語であっても口に出すのをためらうようになってしまいがちです。これは単語を知らないこと、文法が間違っていることが原因ではなく、発音が正しくないからなのです。「トマト」、「レタス」、「ピクルス」なんて、文法は全く関係ないですよね。

発音が上手でないと、英語そのものへの苦手意識を作ってしまう場合があるのです。

話を聞いてもらえない

海外留学をしていた友人から、英語の発音を笑われる、毎回指摘されるのが地味に辛い。というという話を聞いたことがあります。でも、英語の発音を笑われたりするのは、まだマシなほうです。

本当に困るのは、こちらの話を聞いてもらえなくなることです。こちらは聞き返されると一生懸命に答えますが、それが何度も何度も続くと、そのうち「もういい」と相手にされなくなってしまうことがあります。

これは仕事で本格的に英語を使うとき以外にも、タクシーに乗ったり、買い物をしたり、するときにもありえることです。本当に必要なものが手に入らない、必要なときに英語が通じない、というのは困りますよね。正確に発音するスキルを磨くことは、非常に大事です。

相手を疲れさせてしまう

「自分は他の人の発音が悪くても気にしない。ちゃんと話を聞く」と思うかもしれません。実際、辛抱強くこちらの話を聞き、意図をくみ取ってくれる人もいることでしょう。でも、これを日本語に置き換えて考えてみるとどうでしょうか。

日本で、日本語を話す外国人と会話しているとします。相手の人は、一生懸命日本語で話していますが、発音やイントネーションがぐちゃぐちゃです。こちらもできるだけコミュニケーションをとろうと努力しますが、理解するのに苦労しますね。

きっと、「こういうことを言いたいのかな」と察して会話を続けることにしますが、1時間、2時間と時間が経つと、けっこう疲れてしまいます。お互いに思いやりのある人同士であれば、コミュニケーションはとれるかもしれませんが、それなりにエネルギーを使わせてしまう、ということも覚えておきましょう。

ビジネスの場では通用しない

友達同士であれば、発音が悪くても察してくれたり、相手がこちらの発音に慣れてくれたりしますが、ビジネスの場だとそうもいきません。きちんとこちらの意思を伝えること、スムーズに受け答えをすることが求められます。

毎回聞き返していたり、聞きづらい英語で話していると、「コミュニケーションが取りづらい相手」と思われる可能性が高くなります。ネイティブのようにスムーズに会話ができる相手が他にいれば、そちらとの商談が成立してしまうかもしれません。円滑な意思疎通ができないと、ビジネスシーンで不利な立場になってしまいます。

発音が正確であることのメリット

ここまで、発音が悪いことのデメリットをたくさん書いてきました。英語が通じなかったときの事を考えると、英語を使うことが不安になってくるかもしれませんが、大丈夫です。発音が良くなれば、とたんに「言っていることが伝わる」「楽しく会話できるようになる」「海外生活が楽になる」のです。

ここからは、英語の発音が良いとどんな嬉しいことがあるのかをご紹介していきたいと思います。

褒められる

英語の発音がいいと、それだけで外国人に褒めてもらえます。ほんの少ししか英語を話していなくても、発音が良いだけで「英語ができる人」と見られます。

これは、単に見栄えが良いというだけではありません。相手は「この人は英語ができる、コミュニケーションをとれる」と思って、たくさん話しかけてくれます。自分自身も、発音を褒めてもらって自信がつくので、もっと話そう、と積極的になることができます。

英会話力向上のために、この「積極的に話す」というのはとても重要です。とにかく話して、実践することは英語の習得のために欠かせません。英語の発音を褒められると、自信がついて、たくさん話して、英語がぐんぐん身につく、という理想的なサイクルができあがります。

英語が通じやすくなる

英語が通じる

発音が良くなると、単純に英語が通じやすくなります。英語が通じず、聞き返される回数が少なくなります。

日本人の発音の癖で、英語を話す時に語尾をのばしてしまったり、母音をプラスしてしまったりすることがあります。これはネイティブ達からすると、全く違う単語に聞こえてしまうくらい大きな差です。日本人特有の癖を直し、英語らしい正確な発音で話すようにするだけで、かなり伝わりやすくなります。

また、会話をする時にテンポは非常に大切です。ネイティブ達が楽しく会話をしているときに、自分が何度も会話を止めてしまうと、申し訳なく感じますよね。発音が良くスムーズに受け答えができると、会話がより楽しくなります。

リスニング力もアップする

自分の発音が良くなると、上手に伝えられるだけでなく、相手の言っていることも聞き取りやすくなります。どういうことでしょうか?

語学を習得した人たちの間でよく言われていることですが、「自分で話せる言葉は聞き取れる」ということです。逆に、「自分が話せない言葉は聞き取れない」のです。知らない言葉だと、たとえ聞いたとしても意味が分からないので、そのままスルーしてしまいます。でも、意味をちゃんと知っていて、自分でも使うことができる言葉だと、きちんと頭に残ります。

日本語でも、初めて聞くようなIT用語がたくさん使われている話だと、聞いても理解できませんね。でも、自分でも意味を理解し、使ったことがある用語だと、聞いてすぐに理解することができます。

外国語も同じで、自分でも使える言葉だと、リスニングもできるようになるのです。実際に使ってみて、きちんと相手に通じて、自分の語彙としてストックされていれば、相手がその言葉を使ったときにきちんと理解できるはずです。

正確に発音することを意識しながら、「通じる・使える」単語を増やしていきましょう。そうすれば、自然とリスニング力もアップさせることができます。

また、正確に発音できるようになると、ネイティブ達の会話の聞こえ方にも変化が生じます。これまで、ゴニョゴニョ言っているように聞こえたり、よく分からない言葉が多かったとしても、一つ一つの音がクリアに聞こえてくるようになります。

脳科学では、人間の脳は、自分で発音できない言葉は、雑音として処理されると考えられています。日本語では、子音をはっきり発音する習慣がないので、無意識的に英語の子音も雑音として処理してしまうようです。

英語の発音を練習して、子音もはっきりと発声するようになると、自然とネイティブ達の子音もはっきりと聞き取れるようになります。結果的にリスニング力もアップさせることができます。

会話するときに発音に気をとられない

外国語で会話するときは、意外と頭を酷使しているものです。相手の言っていることを理解し、自分の言いたいことを考え、ピッタリの単語をチョイスし、語順を考え、さらに発音も意識するとなると、頭がオーバーヒートしてしまいます。

普段から発音を意識しながら勉強していると、「発音はどうだったっけ?」と、考える事が一つ減るので、会話が楽になります。話の内容のほうに意識を集中できるので、英語の表現や文法の方に力を入れることができ、英語力もどんどん上がっていきます。

また、会話するときに迷いなくスムーズに話せるようになるので、ネイティブとの会話もより弾むようになります。

英会話力向上に即効性がある

英会話は、ある程度時間をかけないと習得できないものです。ネイティブと不自由なく会話ができるようになるには、単語を1000個、2000個と覚える必要があります。文法も、まず仕組みを理解し、自分で作れるようにならないといけません。単語や文法を覚えるのにはどうしても時間が掛かるものです。

でも発音に関しては、比較的短期間で成果を出すことができます。自宅で勉強するときに、LとRの違いを意識してみたり、Thの発音をきれいにできるようにすれば、ネイティブたちはこれまでとの違いにすぐ気づいてくれます。「英語が上手くなったね!」と言ってくれるかもしれません。

発音が上手になって、ネイティブ達に褒めてもらえることが増えれば、「英会話って楽しい」「もっと頑張ろう」と、前向きに取り組みやすくなるかもしれません。

英語脳が育つ

ある英語講師は、英語が上手に話せる人は「英語脳」を持っていると言っていました。英語脳とは、「耳から入った英語を素早く処理できる脳」ということです。

私たちは日本語を聞いたときに、音としてではなく、言葉として自然と変換しています。同じように、英語を聞いた時に、音としてではなく、意味のある言葉として自然に理解できるのが英語脳です。この英語脳を作っていくために必要なのが、音を処理する「回路」を作っていくことです。

この思考回路を作るために、確実で効率の良い方法が、「正しい発音練習」をすることです。自分で思っている「我流の発音」だと、ネイティブが言った言葉と音が違うので、すぐに理解することができません。

知っているはずの言葉でも、違う言葉に聞こえてしまったり、日本語の意味と結びつけるのに時間がかかってしまいます。ですので、まず、自分で正しい発音を理解し、発声できるようになっていることは重要です。しっかり正しい発音が分かっていれば、耳で聞いた時に、処理する(理解する)スピードが速くなります。

英語を聞いて、日本語で考えたり、変換し直したりすることなく、すぐに理解できるのが英語脳です。この脳を作るために、お手本の発音を何度も聞き、練習し、正しい発音を習得しておくのは、非常に有効です。

アンチエイジングにも効果がある

最後に、おまけのようなメリットですが、ご紹介したいと思います。英語の発音を身につけることで、顔のリフトアップを期待することもできます。

英語圏の人達は、いつもニコニコしていて笑顔が素敵な印象がありませんか?それは、性格的な要因もありますが、実は英語の発音にも秘密があるんです。

英語の発音というと、舌の位置を意識しますが、それとともに大事なのが口の形です。ネイティブたちは、英語を聞きとる時に、無意識的にですが、音だけでなく口の形をみて判断しているようです。会話をするとき、80%は口の形から視覚的に読み取っているといわれています。

また、英語の発音は、口角を左右に広げる形で発音するものが多いので、自然と笑顔になります。この口の形を作るため、顔の表情筋が鍛えられるので、リフトアップに効果があるというわけです。

私たちの話す日本語は、口を大きく開けなくても発音することができます。英語を勉強する際に、口の形を意識しながら発音すれば、普段使わない筋肉を鍛えることができます。英語を勉強しなから、アンチエイジングもできればお得ですね。ぜひ、英語の発音にも力を入れてみてはいかがでしょうか。

発音の改善は英会話力向上の近道

発音の練習は「しても良いし、しなくても良い」「なんとなく伝わるでしょ」と思われがちですが、ぜひ、改善できるように努力してみることをおすすめします。発音が良いか悪いかによって、英会話力の伸び、コミュニケーションを楽しめるかどうかに大きな差が出てきます。

きちんと発音できるようになれば、それだけで「伝わる英語」を話せるようになります。ネイティブたちとのコミュニケーションも、もっと楽しくなることでしょう。「発音」に対する意識をほんの少し変えてみるだけで、英会話力はグッと向上させることができます。ぜひ、英語の勉強に「正確な発音の練習」もプラスしてみてください。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事