日本人が英語をできないのは義務教育せいなのか??

日本人が英語をできないのは義務教育せいなのか??

日本人が英語を話せないのは「日本の英語教育」のせいなのでしょうか?物事はそんなに単純ではありません。理由を深く知って、英語の学習に役立てましょう!

なんで英語が話せないのか?

英語が話せない

「日本人は英語が話せない」と言われます。

私たち日本人は、義務教育で何年も英語を学んできています。それなのに、いざ外国人と接したときに、ちょっとした自己紹介や挨拶にも気後れしてしまうのはなぜでしょうか?

「日本の英語教育は間違っている」という意見もありますし、それも正しいのかもしれません。でもそれ以外にも日本人が英語を話せないのは、他にも原因があるのです。

英語が話せないのには理由があると分かれば、アプローチの仕方を変えて、より効率よく英語を習得できるかもしれません。というわけで、日本人が英語を話せない理由をまとめてみたいと思います。

日本語と英語の構造の違い

日本語は曖昧

日本語は曖昧な言語です。日本語は、主語や目的語がなくても意味が伝わります。例えば、日本語で「今日はお昼ご飯何食べたい?」と聞かれたときに、「特にないな」とか「パスタがいい」と答えますね。

このフレーズの中に、「私」という主語が入っていません。それでも意味は伝わりますね。むしろ入っていると不自然です。でもそれを英語で言うとなると「I have nothing I want to eat.」「I want to eat spaghetti」となります。

必ず主語、動詞、目的語があり、文法どおりにきっちりした文章です。つまり、日本語は文法どおりに話さなくても伝わりますが、英語は文法どおりに話さないといけない言語であるということです。

意外と日本語は、なんとなく、曖昧に話して伝わっていたんですね。でも英語では主語、動詞、目的語など、きちんと言わなければいけません。この感覚の違いが、英語習得を邪魔しているようです。

数によって表現が変わる

英語の場合、話そうとしている対象が、数えられるか数えられないかによっても、表現の仕方が変わってきます。

まず対象が人、物などの数えられるものなのかを考えます。次にそれがいくつあるのかを見ます。例えば、対象がペンだったとすると、一つでであれば「a pen」、複数であれば「pens」となります。単数か複数かで、言い方が変わるのです。

日本人は、ペンが数えられる物であるのか、一つなのか二つ以上あるのか、なんて考えません。「ちょっとペン取って」と言いたいときに、「一本のペンをとって」なんて言いませんよね。

でも英語を話す時は、数を意識しながら「これは数えられるのか」「単数なのか複数なのか」を考えて話さなくてはなりません。日本語を話すときには考えないことですので、ここが日本人にとって難しいところです。

時制

日本人が英語を話すとき、特に時制に注意しないといけません。例えば「私は英語を勉強しています」と言うとき、「I studying English」と言ってしまいそうですが、これはちょっと違います。

今まさにその瞬間、英語を勉強していれば上の文章でいいのですが、そうではなく長い期間勉強している、英語習得に向けて取り組んでいる、という意味であれば、「I study English」や「I have studied English」のように、進行形ではなく現在形にする必要があります。

日本人は「~しています」という表現を、英語にすると進行形で話してしまいがちです。日本語であれば問題なく伝わるのですが、英語だとおかしくなってしまいます。時制には特に注意しましょう。

冠詞や定冠詞

「the」という単語をつけるかつけないか、判断が難しくないですか?「なんでtheがいるんだろう」「theって何?」と、学生の時思いませんでしたか?

実はこの「the」、ある特定のものを指すときに使われるのですが、英語ではとても重要なのです。英語が話せる人からすると、theがないとすごく不自然に感じます。

theをつけるかつけないかで、意味が変わってきます。ある特定のペンが欲しいのか、それともなんでもいいからペンが欲しいのか、表していることが変わってしまいます。

日本語だと、その感覚が少し違いますね。「my pen」や「his pen」など、「そこの私のペンをとって」とか「彼のペンを貸して」などは理解できますが、theなんて「なんでわざわざ付けるの?」と思いますよね。でも、theは特定のものを表すときに使われるので、英語ではtheがあるかないかは、正確に意味を伝えるうえで、とても大事なことなのです。

同じものを指す複数の言い方がある

英語は意味は同じなのに、言い方が違うことがあります。例えば、アメリカ英語では「down at the park」ですが、イギリス英語では「down the park」などです。

他にも、フランス語圏の英語や、ドイツの英語、ギリシャの英語など、少しづつ言い方が違います。

また、「beef・pook」や「cow・pig」は、日本語では「牛肉・豚肉」「牛・豚」です。日本語で会話する時は「何の肉使うの?」、「牛」でも成り立ちますが、英語では「調理された状態」の肉なのか、「触れ合う動物」なのかで、使う単語も変わります。

同じようなものでも複数の言い方があり、きちんと分けれるようにならないといけないのも、ちょっとめんどくさいところです。

言語が遠い

言語は、近い区域同士だと似ていることがありますね。日本の近く、韓国や中国だと、発音が似ている単語があったり、文法でも似ている部分があったりします。例えば、「カバン」「洗濯機」などは、韓国語でも日本語と同じ意味で、発音もとてもよく似ています。

また、ヨーロッパであれば、フランス語、スペイン語、ポルトガル語はラテン語が元になっているので、お互いに似ているところが多いです。

共通点が多いと、習得するのも比較的簡単ですが、残念ながら日本語と英語は遠く離れた言語です。発音も違いますし、theを付けることや時制のことなど、日本にはない文法もあるので、習得は少し難しいです。

ある研究データでは、日本人が英語を習得するためには2000時間必要だそうです。1年間、毎日6時間勉強してやっとできるくらいです。現実的には、海外に1年間留学したとしても、普通はペラペラにはなりません。2,3年頑張って勉強して、やっと話せるようになります。

それくらい、英語と日本語は遠い言語なのです。

性格や考え方の違い

日本人が英語習得に苦戦する理由は、言語の構造の違いだけではないようです。日本人の考え方や性格も、原因の一つだといわれています。

シャイな日本人

海外に旅行に行ったり、日本で外国人に会うと、とてもフレンドリーだなと思うことがありませんか?エレベーターのボタンを押してあげただけで、すごくお礼を言ってくれるし、ちょっと顔見知りになっただけでも、「Hi!」「What's Up?」と、明るくフレンドリーに話してくれます。

また、褒めるのも上手です。「綺麗ですね」とか「その服似合ってるよ」とか「すごく良いね」とか、普通に言います。とにかく褒めることが多いので、ポジティブに会話が進んでいきます。相手のいいところをたくさん見つけて、口に出していくので、お互いに気分よく会話を楽しめるのです。

日本人は考えを口に出すのが苦手な人が多いですよね。失礼なことを言ったり、してしまって、相手を傷つけたくないという、周りの人を気づかう日本の良い文化ですが、英語習得の点では足かせになっているのではないでしょうか。

感情を表に出したり、思ったことを口にしたりするのを控えてしまうと、英語を使う機会、コミュニケーションをとる機会が少なくなってしまうので、英語の上達が遅くなってしまいます。

また、「完璧な文法で言わないと」とか「間違ったら恥ずかしい」と思って何も言わないこともあります。ある程度英語を学んでいれば、知っている単語は必ずあるはずなのに、何も発することができないのです。「間違っててもいいや」「とりあえず思い浮かんだ単語を言ってみよう」くらいの気持ちで、どんどん話してみたほうが、英語はぐんぐん上達します。

環境

日本で生活している限りは、英語が必要不可欠になることはありません。買い物も、出かけるのも、何をするにしても基本的に日本語です。英語を勉強したいと思うのは、「外国人と友達になりたい」とか、「海外に旅行に行きたい」「仕事に活かしたい」など、プラスアルファの理由があるからです。

外国では、いろいろな国の人が一緒に生活しており、必要事項を伝えたりコミュニーケーションをとったりするために、必ず英語が必要です。でも日本では、大半が日本人で、生活面で英語が必要になることはありません。日本での英語は「選択肢」の一つであり「必要不可欠」ではないので、どうしても英語にかける時間や労力は少なくなってしまいます。

また、実践できる場所が少ない、ということもあります。英語はスポーツと同じで、実際に使ってみてはじめて習得できるものです。学校でたくさんの単語や文法を学び、知識はたくさん持っていますが、実際に英会話ができる人は少ないです。

スポーツの場合、ルールを学び、正しいフォームやコツを知っていても、実際にプレイしたことがなければ、できるとはいえませんね。何度も練習を重ねることで、徐々に上達していくことができます。英語も同じで、正しい文法、単語を学んだら、使って話してみないと身につきません。

学校の授業は基本的に座学の時間が多く、スピーキングの機会が少ないので、習得するところまでいかないのです。学校の授業でトークをする時間があれば、積極的に発言するようにしてみたり、英会話教室に通ってみたり、意識的に「話す」機会を作ってみるといいかもしれません。

意見をもっていない

外国人に指摘されて気づいたのですが、日本人が英語を話せないのは、単に口にしない、ということだけではないのかもしれません。外国人に「日本人はどうして英語を話せない人が多いのか」という質問をしてみると、「日本人は自分の意見をもっていない」と答える人が多くいました。

単に思ったことを口にしないのではなく、自分の考えを持っていないから話せない、という場合もあるのではないでしょうか?

日本は年功序列のシステムがありますから、先輩や年上の人の言ったことには、納得がいかなくても、受け入れないといけません。違う意見を言うと、文句を言った、反抗的だ、と否定的にとらえられてしまいます。

それで、自然と「従うのが善」となり、自分で考えることなく、指示に従うようになります。いざ「あなたの意見は?」と聞かれても、答えようがないのです。これも、外国人とコミュニケーションをとるときに、日本人が話せなくなってしまうことの理由ではないでしょうか。

察するという考え方

英語圏の人がよく言うのは、「日本人の言うことは曖昧で分かりづらい」ということです。日本人は、察するという文化がありますから、はっきり最後まで言わないことがありますね。「それはちょっと・・・」とか「そうですねえ・・・」とか、話が「・・・」で終わることもありますよね。

私たち日本人は、「あ、賛成ではないんだな」「乗り気ではないんだ」「断っているんだな」と察することができます。この曖昧な言い方が、「親切で柔らか言い方」として日本では好まれますが、英語圏の人からすると「ちょっと・・・良いの?悪いの?!」とイラッとしてしまうようです。

例えば、国際結婚のカップルの話を聞いたのですが、日本人の妻がお皿を洗っているときに、「皿洗い手伝ってほしいなー。」と思いながらも、「家事が忙しい」と言ったそうです。日本人だったら、言葉の裏の意味を察して、皿洗いを手伝ってくれるかもしれません。でも、アメリカ人の夫は気づかず、あとになって妻が「なんで手伝ってくれないの!?」と喧嘩になったそうです。

アメリカ人の夫としては「手伝って欲しかったのなら、はっきり手伝って、と言えば良かったのに!」と思うのです。

日本人の曖昧に言って察する文化と、はっきりと言う文化とでは、コミュニケーションのスタイルが違うので、これも日本人としては難しいところですよね。

もちろん、察する能力の高い外国人もたくさんいますし、気づかない日本人もいますので、一概には言えませんが、英語で話す時ははっきりと意思や要望を伝える、ということを意識するといいかもしれません。

聞き返さない

日本では、聞き返すと失礼になる、と思う人が多いです。面倒をかけるとか、分かりにくかったと気まずい思いをさせてしまう、とか、相手のことを思って聞かないということがありませんか?でも、結果的に「早く聞いておけば良かった」ということもありますよね。

日本人との会話でも、そういうときはありますし、英語での会話のときはなおさら、分からなかったら「Pardon?」と聞き返すほうがいいです。日本人のように聞き返されることに抵抗はありませんし、聞き返すことで「ちゃんと聞こうとしてくれているんだな」と伝わります。

きちんと会話のキャッチボールをして、コミュニケーションをとることで、英会話力もアップしていくんだと思います。

もし、「聞き返しても、相手の言っていることが聞き取れないだろうな」と思っても、聞いてみてください。こちらが聞き取れていない様子だと、簡単な言葉に変えてくれたり、ゆっくりと話してくれるかもしれません。

また、何度も「Pardon?」と聞き返すのではなく、「もう少しゆっくり話して欲しい」とか「これはどういう意味なの?」と、具体的に聞いてみるのもいいかもしれません。 そして、分からなければ、曖昧に答えたり、なんとなく流すのではなく、「分からない」と伝えたほうが、相手にとっても良いようです。

分からない時に、もう一度聞いてみるのは英語力アッブとコミュニケーションのために大切なようです。

まとめ

お花畑

ここまで、日本人が英語を話せない理由を挙げてきました。「数、時制」など言語の構造の違いや、「環境」「文化」「考え方の違い」など、いろいろな理由があります。日本人にとって英語は難しいものなのです。

日本語と英語の違いや、日本人と外国人の違いを知ると、どうして英語が話せないのか、少し分かった気がしますね。でも、違いを知り、少し見方を変えてみると、意外と英語がスムーズに学べるようになるかもしれません。

英語が話せるようになれば、いろいろなメリットがあります。仕事で給料アップできるかもしれませんし、外国人と友だちになったり、自由に海外に旅行に行ったり、毎日がもっと楽しくなるかもしれません。ここで挙げた「日本人が英語を話せない理由」を参考に、効率よく英語習得に取り組んでみてくださいね。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事