トライズの効果って?サービスの特徴を探ってみよう!

トライズの効果って?サービスの特徴を探ってみよう!

トライズは「1年で英語が身につく」「早ければ3ヶ月で英語圏で暮らせるようになる」と宣伝されています。実際のところはどうなのでしょうか?今回はトライズの特徴や効果が出る秘密を探ってみたいと思います!

トライズって?

トライズ

最近人気にになってきている英会話スクールといえば、コーチングスクールです。そのなかでも特に有名なのが、「トライズ」です。

トライズは「1年で英語が身につく」「早ければ3ヶ月で英語圏で暮らせるようになる」と宣伝されています。

新しい言語を身につけるのは並大抵のことではありませんから、本当にそんなことができるのか半信半疑でしたが、トライズの方針や勉強方法を理解すると、可能かもしれないと思うようになりました。

またトライズの特徴や学習スタイルについてご紹介しますので、今「英語を身につけたい」「良いスクールを探している」という方は、スクール選びの参考にしてみてください。

トライズの特徴

トライズ

1年1000時間という圧倒的な学習時間と、専属コンサルタントによる徹底サポートで、短時間での英語習得を実現!

創立者

トライズは、元ソフトバンク社長の三木雄信という方が立ち上げた英会話スクールです。この方は元々、英会話は大の苦手でしたが、ソフトバンク入社後に必要に迫られ英語を猛勉強し、わずか1年で「英語で交渉できるレベル」に到達したそうです。仕事に必要な英語だけを集中的に学習する、という独自の勉強法を編み出し、見事にビジネスシーンで活躍できるレベルの英語を習得されています。

この方が2015年に「1年で英語をマスターする」トライズを開始し、今ではビジネスマンにぴったりの英会話スクールとなっています。

三木さん自身も、ほとんど英語が話せないところから勉強を始め、ビジネスシーンで通用する英語を身に着けておられるので、英語を習得してく課程、効果的な勉強法、ビジネスで必要なスキルをよくご存知です。ですので、同じように、忙しく働きながら英語も身に着け、なおかつ交渉やプレゼンができるレベルの英語が必要なビジネスマンに、最適な英語学習を提供することができるのです。

学習時間は1000時間

トライズでは、1年間で1000時間を英語学習にあてることになっています。1年間で1000時間ですので、1日にすると約3時間です。土日も含め毎日3時間、英語を学ぶ時間を作ることになります。毎日3時間勉強するのは、けっこうハードです。

どうして1000時間なのでしょうか。ある研究データによると、日本人が英語を習得するために必要なのは、2200時間だといわれています。多くの人はすでに学校教育で1000~1200時間の英語の授業を受けていますので、残りの1000時間をスクールの授業で補おうというわけです。

英語を習得して自由にコミュニケーションがとれるようになるためには、やはりある程度の「時間」と「勉強量」が必要になります。ですのでトライズでは、1年間に1000時間という勉強時間を課し、確実に「勉強時間」と「勉強量」を増やし、英語を習得できるようにしています。

もし、3年間で1000時間をこなすこともできるはずですが、1000時間を1年間に凝縮しているのはなぜでしょうか。それは、モチベーションをキープし、効率良く勉強を続けられうようにするためです。3年間かけて英語を学ぶとなると、長期戦になりますのでモチベーションの維持が困難です。トライズでは、1年間だけ集中して英語を学ぶことで、モチベーションを維持し、一気に英語力をアップさせられるよう、学習プランが立てられています。

トライズでは、簡単に「短期で英語習得!」とは言わずに、「1年で1000時間勉強する」と言っています。普通は「短期間」「簡単に」と宣伝したくなりそうですが、トライズは堂々と1000時間を掲げています。この「1000時間」「勉強量」はトライズが特にこだわっている点です。トライズのカウンセリングの際に、さらに深く説明してくれますので、聞いてみてもいいかもしれません。

専属コンサルのサポート

英語習得のために必須なのが、モチベーションの維持です。どんなに効率よく学んだとしても、言語は短期間で習得できるものではなく、ある程度の時間がかかるものです。トライズの場合は特に受講期間を1年間としっかり設けており、1日の学習時間も3時間と短くはないので、「途中で諦めてしまわない」ことが一つの課題になってきます。

英語を長期間学んでいると、やる気を保つのが難しい時期が必ずやってくるものですが、専任のコンサルタントがいると、モチベーションの維持がしやすくなります。専任の英語コーチは、つまづいている所を分析し、学習プランを調整し、具体的なアドバイスをくれます。分からないことがあるときには、すぐに聞いて解決することができます。

英語の習得の障害になっているものを取り除き、順調に学んでいけるようにサポートしてくれます。生徒が達成感を味わいながら、楽しく英語学習を続けていけるように、学習プランを管理してくれます。トライズには、生徒のやる気を削がれるような障害物を取り除き、励まし続けてくれるコンサルがいるので、常にモチベーションをキープしながら英語学習に取り組むことができます。

トライズの場合は、学習継続率がなんと92.4%と、ほぼ全ての人が最後までレッスンを受けています。長期間で圧倒的な学習時間にも関わらす、生徒のほとんどが最後までやりきっています。受講した方の多くも、「専属講師のサポートが大きかった」と言っています。

トライズの講師たちは、ただ英語力が高いだけでなく、伝えるのが上手く、生徒をサポートする能力も高いので、生徒の継続率が高く、成果を出すことができているのではないでしょうか。生徒をサポートし、導く能力が高い優秀なコーチがいることも、トライズの魅力の1つです。

コンサルタントの質が高い

トライズに在籍しているコンサルは、もちろんコンサル自身の英語力がとても高いです。どのコンサルも、TOEICスコア900点、外資系企業勤務経験ありなど、高い英語力を備えています。

教えるスキルが高い

講師自身の英語力が高いのはもちろん、生徒を「教える」能力が高いのが特徴です。講師たちは、生徒に分かりやすく教える技術、目標達成に向けて上手に導いていく能力を兼ね備えています。

コーチ自身、英語を習得していますから、言語習得に至るまでの過程を知っていますし、具体的な勉強方法、スランプへの対処法なども理解しています。豊富な知識と経験をもとに、生徒に合った学び方を提案し、サポートしてくれます。

コンサルタントは日本人

トライズでコンサルを努めるのは、外国人講師ではなく、日本人です。ネイティブ講師から学ぶほうが、本場の英語を身につけられそうな気がしますが、なぜネイティブではなく日本人を講師として選んでいるのでしょうか?

もし、私たち日本人が、外国人に日本語を教えるとなると、系統立てて論理的に説明するのは意外と難しいのではないでしょうか。日本語の構造を説明したり、どうしてそうなるのか解説するのは難しいものです。日本人にとっては母国語なので、感覚的に話している部分が多く、いざ説明するとなると、うまく教えられないのです。まして、それを外国人相手に英語で伝えるとなると、さらに難しくなります。

同じように、ネイティブ講師は、もちろん英語をペラペラに話せますし、発音も完璧ですが、英語の習得の仕方や課程について教えるのは、かなりハードルが高くなります。外国人講師の場合だと、まず母国語の英語の構造を学び直し、それを日本人に伝えるために流暢な日本語を習得しなけれなりません。それはとても大変なことです。日本語で、きちんと英語について説明できる外国人講師は、あまり多くはないでしょう。

日本人講師は、同じ日本人として、一から英語を学んできていますので、何が難しく感じるか、どう打破するか、課程を知っていますし、言語を効率よく習得する方法を論理的に理解しています。もちろん、日本語で分かりやすく解説することができます。ですので、コーチとして生徒をサポートする、という面では、日本人講師のほう良いということです。

それで、トライズでは英語を高いレベルでマスターした日本人が、コンサルとして生徒をサポートしています。

目標の設定

英語習得に向けて大切なのが、目標を定めるということです。それも、「適切な」目標を定めることです。英語を学びたいという方のなかには、目的・目標が漠然としている方がいらっしゃいます。また、目標が達成不可能な大きすぎるものだったり、逆に小さすぎるという方もいます。

目標を設定しても、それが達成することができないものだと、英語の習得をあきらめてしまうかもしれません。目標が小さすぎると、あっという間に到達してしまい、また英語を勉強する目的がなくなってしまいます。

英語学習を継続していくためには、到達可能で、明確な目標設定がとても大切です。トライズでは、コースが始まる前と、受講開始から半年後にコンサルティングが行われます。また、隔週でプログレスチェックというものがあります。初めのコンサルティングでは今までの英語学習・現在の英語力について聞かれ、目標とする英語力について話し合っていきます。

特に、目標とする英語力については、かなり具体的に明確にしていきます。実は、この目標を定めることは、言語習得のためにとても重要だからです。例えば、「海外で自社のサービスを売り込める英語力」「外国人に英語でプログラミングを指導する」といった具体的な目標です。トライズでは、コンサルと一緒に適切な目標を考え、設定することができます。

学習プラン

言語習得のために大変重要なのが、学習プランです。何を学ぶ必要があるか、どんな学習方法が良いか、的確に判断しプランを立てることは重要です。

英語を独学で学んでいる人に、「どんな学習計画で勉強されていますか?」と聞いてみても、「特にプランはない」という方が多くいらっしゃいます。学習プランが必要であること、どのようにプランを立てるか、知らないことを知らない方は、けっこう多いです。でも、英語習得のためには、学習計画を立てることはとても大事です。

英語は、バランスよく学ぶ必要があります。聞く、話す、読む、書くというすべての分野を伸ばさなければいけません。そのなかで、自分が比較的できているのはどれか、反対にできていないのはどの分野か、分析し、学習内容を変えていくのが効率的です。

独学の場合だと、学習内容に偏りができてしまいがちです。また、自分はどの分野が弱いのか、気づかないかもしれません。英語コーチは、レッスンを始める前に、何を目指すか目標を決め、それに向けて学習プランを立てていきます。英語学習で不足しているのはどの分野か、何を強化したら良いのかなど、プロの目で分析し、具体的な学習プランを立ててくれます。

また、途中で学習プランに変更が必要であれば、そのつど調整を加えてくれるので、不必要に時間を浪費せず、効率よく英語を習得していくことができます。

日々の学習サポート

レッスンがない日でも、チャットツールを使って疑問点を尋ねることができます。独学で英語学習をしていると、この勉強法で良いのか不安になることがあります。この勉強で本当に効果があるのか、このままやっていて良いのだろうかと考えてしまいます。

疑問のあるままだと、勉強を進めていくことができませんが、トライズではメールで講師とのやり取りをすることができるので、次のレッスン日を待たずにすぐに解決でき、とても助かります。チャットでの質問回数に制限はありませんので、いくらでも聞くことができます。

英語を効率よく継続して学べるように、専属コーチがサポートしてくれるので、英会話力を早く伸ばすことができます。トライズはマンツーマンの授業以外のサポート体制が充実しているため、短期間でも結果を出すことができるのです。

トライズの受講料

トライズの特徴

トライズに通うことを検討する際、費用がどれくらいかかるかは大事ですよね。トライズの1年間のコース料金は以下の通りです。諸費用をまとめると、 ・入会費5万円 ・コンサルティング料14.6万円 ・受講料9.8万円(月額)

1年分の授業料ですので、合計すると年間100万円を越します。「100万円を超えるの?」とびっくりしてしますが、月額で受講料を払うこともできますし、一括で払うこともできます。

支払い方法は、月額、6カ月一括、1年一括の3種類です。月額で支払うほうが、1度の出費は少なくなりますが、一括で払うと割引サービスや特典がついてくるので、一括のほうがお得ではあります。

時期によって異なりますが、「入会料無料」「受講料10万円引き」のキャンペーンが実施されていることがあります。これらの割引キャンペーンの情報は、トライズの公式サイトで見ることができますので、良ければチェックしてみてください。キャンペーン中に申し込めば、受講料を20万円ほど浮かすこともできるので、ぜひ活用してください。

また、授業スタイルが自分に合わないと思った場合は、授業開始から30日以内であれば全額返金してもらうことができます。30日を過ぎて途中で解約する場合は、残りの受講料を全て返金してもらうことができます。

一年間のコース料金だけをみると、高い気がしますが、月額で考えて他の大手スクールやコーチングスクールと比較すると、大きな差はありません。他のスクールが少し安いとしても、せっかくお金を出してスクールに通うのですから、質の高いトライズで確実に英語習得をするほうをおすすめします。

交通アクセス

都内にはいくつかトライズの店舗があります。どこも交通アクセスがいいので、通いやすいところを選んでみてください。

・六本木センター 東京都港区赤坂1-12-32アーク森ビル西館30階「六本木一丁目駅」3出口から徒歩1分

・新宿センター 東京都新宿区西新宿1-25-1新宿センタービル34階「新宿駅」西口から徒歩5分

・田町三田センター 東京都港区芝4-13-4田町第16藤島ビル8F「田町駅」西口から徒歩5分

・赤坂センター 東京都港区赤坂2-14-27国際新赤坂ビル東館2階「赤坂駅」5a出口と直結

・銀座センター 東京都中央区銀座8丁目8-5陽栄銀座ビル6階「銀座駅」A2出口より徒歩7分

・横浜センター 横浜市西区みなとみらい2-2-1横浜ランドマークタワー11階「みなとみらい駅」より徒歩3分

国際社会で英語は必須

日本でもグローバル化はどんどん進み、日本にいても英語は必須になってきています。英語研修がある企業も増えていますし、個人でも英会話スクールに通っているという人が増えています。これから、もっともっと英語が必要になることは容易に想像できます。

トライズはコンサルの質・授業内容・サポート体制全て質が高く、「1年で自由に会話ができるようになる」というのも納得できます。仕事で英語が必要な方や、今後に備えて自己投資をしたい方、英語に挫折したことがある、という方は、ぜひトライズで英語を学んでみてください。

最近はトライズの人気が高まってきていて、毎月の募集人数も限られているようです。このスクールは結果にかなり期待ができますので、本気で英語を習得したいという方は、まずはカウンセリングに行って、話を聞いてみても良いと思います。

トライズ

1年1000時間という圧倒的な学習時間と、専属コンサルタントによる徹底サポートで、短時間での英語習得を実現!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事