スパルタ英会話ってどう?コスパや料金を徹底検証しました!

スパルタ英会話ってどう?コスパや料金を徹底検証しました!

3ヵ月結果主義を掲げるスパルタ英会話をご存知でしょうか?テレビなどにも取り上げられて話題になっています。アウトプットの環境を提供し、その人ごとのオーダーメイドのカリキュラムでレッスンを受けることができます。ではそんなスパルタ英会話、レッスン料はどうなっているのでしょうか?コストパフォーマンスはどのようなものでしょうか?

スパルタ英会話をご存知でしょうか?

スパルタ英会話

3ヵ月結果主義を掲げるスパルタ英会話をご存知でしょうか?

テレビなどにも取り上げられて話題になっています。アウトプットの環境を提供し、その人ごとのオーダーメイドのカリキュラムでレッスンを受けることができます。

ではそんなスパルタ英会話、レッスン料はどうなっているのでしょうか?コストパフォーマンスはどのようなものでしょうか?

スパルタ英会話

ネイティブ講師・コンサルタント・オンライン講師が、マンツーマン指導で生徒様の目標達成をサポートします。

総合評価 4.2
対応地域 新宿御苑
特徴 短期集中トリプルマンツーマン体制/カスタマイズ型プログラム/1日10時間グループレッスン通い放題

料金表とコース

どんなコースがあるでしょうか。3・4・6ヵ月のコースがありますが、中でも3ヵ月のコースがスパルタ英会話の一番のウリでしょう。

受講料は3ヵ月コース(マンツーマン24回)が¥399,000。4ヵ月コース(マンツーマン32回)が¥469,000。6ヵ月コース(マンツーマン48回)が¥629,000です。時間は一回60分です。

他のコーチング系スクールとの比較

スパルタ英会話のように専属でレッスンをつけてくれるスクールをコーチング系と呼ぶことがありますが、他のコーチング系スクールで3ヵ月のコースを組んでいる所を挙げるとRIZAP ENGLISHやENGLISH COMPANYがあります。

いずれも料金は¥450,000です。他のスクールは期間が違うので比較しにくいですが、スパルタ英会話が特別に割高というわけではないようです。

他の一般的な英会話スクールとの料金比較

有名なスクールもマンツーマンレッスンは行っています。グループレッスンももちろんありますが、比較をわかりやすくするために特にマンツーマンの料金で見ていきましょう。

例えばECCは週1回の80分で¥16,740~、NOVAはひと月12回で¥70,000、ベルリッツは1レッスンが40分で¥6,000~、GABAは1レッスン40分で¥5,000~です。

スパルタ英会話の3ヵ月のトータル時間に合わせてみると料金はそれぞれ次のような感じになります。

ECCが¥301,320、ベルリッツが¥216,000~、GABAが¥180,000~です。NOVAはウェブサイトでは1レッスンの時間が明示されていませんのでレッスン回数をスパルタと同じ24回にして計算すると¥140,000になります。

これはマンツーマンの料金ですから、仮にグループレッスンを併用するとすれば別途料金が加算されることになるでしょう。あとはテキスト代金が加算されます。

それでも単純にマンツーマンの料金だけで見るとスパルタ英会話のほうが10万円くらいは高くなります。この10万円分の価値をスパルタのメニューの中に見出せるかどうかが問題ですね。

スパルタ英会話ならどんなサービスが受けられるのか

それなりの料金を支払ったなら、どんなサービス受けることが出来るのか見てみましょう。どのコースを選んでも基本的なサービスは同じだということなので、ここからは一番のウリになっている3ヵ月コースを選択すると仮定して話を進めていきます。

カリキュラムがオーダーメイド

コンサルタントがヒヤリングをしてくれて、自分の目的にあったカリキュラムを組んでくれます。

オーダーメイドということです。カリキュラムの中には、初対面の人と仲良くなっていくための英語を学ぶ日常英会話、特にビジネスシーンで必要となってくる英語を学ぶビジネス、もっと特殊なシチュエーションや専門用語を学べるカズタマイズなどが用意されています。

どういうシーンで英語が必要になるのかしっかり掘り下げてメニューを組んでくれるんですね。もう少しカリキュラムを詳しくご紹介します。

自分のことをしっかり話せるようにする

ウェブサイトでは自己紹介プロジェクト、と名付けられています。これを日常会話の基本として練習します。

自分のことに関しては何を聞かれても答えられるようにトレーニングしてくれます。これは納得できるメニューですね。

確かに会話の中では自分の思っていること、自分に関する情報はよく話題に上ります。

外国人はたいてい自分の思っていることを表に出すのが上手です。ですから、彼らと渡り合う上で自己表現を学ぶことは大切ですよね。そして結果的には英会話力を磨くポイントの一つになります。

疑問詞たち

よく5W3Hというやつです。これを駆使して質問ができるようにトレーニングしてくれます。質問ができるようになると会話ができるようになります。基本に忠実です。

日常会話

よくあるテーマで日常会話の流れを学んでいきます。ウェブサイトによるとこれを「完璧に」なるまで練習するそうです。

スパルタ感が出ています。会話の流れを読むことができれば話すことを準備できますし、よどみなく話せるようになります。

会話についてこんな風に考えたことはありますか?母国語では普段意識しないことを意識することで短期間での英会話習得を実現させていく。よく出来ています。

流れを先読みできたら余裕も生まれるでしょうし、自分の英語力の変化に気づいて面白くなってくるでしょうね。

関連付けて覚える

ある慣用句があるとして、単にそれを覚えるのではなく関連するシチュエーション、口に慣らすことによってマスターしていくものです。考えるより勝手に出てくる感じに持っていくレベルを目指します。そのためのトレーニング方法も準備されています。

ビジネスシーンにむけて

これもかなり具体的です。一日の初めから終わりまでを想定して、必要になる英語を学んでいきます。その中にはメールの送信や同僚とのランチのシーンも含まれています。

とても実践的で修了後にすぐに役立つカリキュラムです。自分の英語に自信が持てそうです。ビジネス英語というと敷居が高いですが、シチュエーションごとに分けて考えると抵抗感を抑えることができますね。考えられています。

レッスンは3種類

一般のスクールではマンツーマンとグループレッスンは別々の料金で設定されていますが、スパルタ英会話ではこれがセットになっています。それに加えて、場所を選ばないオンラインレッスンもあります。ひとつずつ見ていきましょう。

マンツーマン

マンツーマンは一回60分、全部で24回あります。目安は週に2回ということになりますが、毎週必ずというやり方でなくとも良いようです。

例えば一日で一気に2回取ることもできるそうです。最初の10分は他の人も交えてウォームアップ、残りの50分はみっちり講師と向き合う流れです。ウォームアップを設けているところなど、気が利いていますね。それまでの活動から頭を切り替える良い時間になります。

グループレッスン

これはこのスクールの大きな特徴の一つですがスパルタ英会話では、グループレッスンに1日最大10時間参加できます!驚きです。土日祝は7時間だそうですが、ここにマンツーマンレッスンを入れれば、みっちり英語漬けの日を作ることができます。まぁ7時間でもみっちり感ありますけど。

いろんなレベルの参加者がいるので、ついていけるか不安に思うかもしれませんが、アクティビティのペアを同じ程度のレベルの人に合わせて組んだり、初級者向けのグループレッスンも用意されているようです。

まぁ、もし海外に行けば英語のレベルとか言っていられないので、飛び込んでみるのが良いですよね。そこでもどかしさを感じれば、それもモチベーションにしていけます。10時間の英語環境、アウトプットをどれだけ重要視しているかがひと目でわかるサービスです。

グループレッスンを他のスクールと比較

もちろん他の英会話スクールにもグループレッスンは存在します。料金的にみると大抵1コマ3,000くらいです。

もしスパルタでの一日最大10時間のグループレッスンを、他のスクールで利用すると3万円の費用が掛かってくるわけです。

4回すれば10万円を超えてきます。スパルタ英会話ではこのグループレッスンが通い放題です。

料金的に見てもすごいことですが、海外留学さながらの環境づくりにも驚かされます。この圧倒的なアウトプット環境が利用できることを考えると¥399,000という料金は無理のない値段設定と言えるかもしれません。

オンラインレッスン

平日の20時から24時まで講師とチャットによる英会話を行うサービスがあります。英作文の力をつけるのに効果的です。

添削されたものが講師から返信されます。また動画レッスンも用意されていて移動時間などのスキマ時間を有効に用いる工夫がされています。

ここではスパルタオリジナルのコンテンツを使って多種多様なフレーズを勉強できます。オンラインレッスンは反復のためのもの、という印象を持ちましたがこれは記憶を定着させるのに大切なのだそうです。それぞれのサービスが無駄なく機能するようになっているんですね。

記憶について考えています

急になんだ、と思わずに読んでみてください。私は初めて聞きましたがエピングハウスの忘却曲線という曲線が存在するのですね。

人が勉強してから時間の経過とともにいかに忘れていくかを数式にしたもののようです。人間はどんどん忘れていくわけですが、これを承知の上でいかに記憶を定着させるか。ここが英語力アップのカギのようです。

スパルタ英会話では、声に出して毎日復習し、記憶を定着させていくトレーニングを受けることができるようです。オンラインレッスンはここで大きな役割を担っているわけです。

ウェブサイトを見るとそのタイミングにも企業秘密がありそうですよ。さらにコンサルティングによって自分の目標をはっきりさせ、より高い集中力を引き出せるよう助けてくれます。はっきりした理論に基づいてメニューをこなしていくわけですね。

コンサルタントの存在

スパルタ英会話

実は体験レッスンであっても、コンサルタントからいろいろ教えてもらえるみたいです。例えばスパルタメソッドと呼ばれる独自の勉強法やどういう考え方で英語の勉強に取り組めばよいかなどを教えてもらえます。

体験のあと、実際に受講を決めると、今度は目標をはっきりさせるのにヒヤリングをしてくれます。しかも一回きりではなくて2週に1回のペースで見てくれます。

ウェブサイトにはモチベーション管理という言葉も出てきます。確かにやる気を保つのは本当に大切ですね。

いかに最後までやり切ってほしいか、が伝わってきます。希望者にはさらに細かく、如何に隙間時間を活用できるかとか、勉強の習慣化を助けるアイデアを得ることができます。

いろんなネイティブ講師

講師陣がウェブサイトに紹介されています。出身国はアメリカ、カナダ、イギリス、ニュージーランドなど色々。一口に英語といっても色んなアクセントがありますから、いろんな英語に対応できる耳を作るのにも良さそうな環境です。

雰囲気

スクール感のない(私が遅れているだけでしょうか)カフェのようなおしゃれな雰囲気です。でも室内装飾が良いだけではなくグループレッスンの雰囲気も評判が良いようで、それを実際に見て受講を決める方もいるそうですよ。

90分無料体験

気になったならまずは無料体験してみましょう。英語力のチェックのみならず、講師の方があなたの自己紹介を作成してプレゼントしてくれる特典付き。さらに事前のレベルチェックで最適な勉強方法まで教えてくれます。

一般のスクールと何か違うのか

いろいろとスパルタ英会話の特徴について書いてきました。では一般のスクールとどんな風に違っているでしょうか。

講師が外国人であること。

ECCやGABAでも外国人講師からレッスンを受けられます。スクールによっては「ネイティブと同レベルの英語力」という表現もあり、必ずしもネイティブ、というわけでもないようです。他のスクールもそうですがスパルタのウェブサイトでもどんな講師がいるのか写真付きで確認することができます。

ちなみにスパルタ英会話の講師はすべてネイティブです。でもまあネイティブかどうかより、教え方が上手かどうかの方が大切だと思います。

オーダーメイドカリキュラム

一般のスクールも自分にあったペースや目標で受講できることを売り文句の一つにしています。レッスンを進めていくうえでカウンセラーと相談して自分の希望に沿って調整できる点は構造としては似たようなものかも知れません。

それぞれのウェブサイトを調べた印象ですが、一般のスクールとスパルタの違いはセミオーダーとオーダーメイドの違いに似ているかもしれません。

セミオーダーはもともと用意されている幾つかの選択肢から好みのものを選んでモノを作ります。オーダーメイドはその人のためのモノという作り方です。

ですから、ほかの人には役に立たないこともありえます。実際スパルタのカリキュラムにはカスタマイズできる部分があり、その人の専門分野に特化した英語も学べるように工夫されています。まさに自分のための英語であり、他の人には役に立たないレベルです。

グループレッスン

これは前述したとおりです。一般のスクールにもグループレッスンはありますが、すべて有料です。

一方スパルタは最大10時間のグループレッスンを受け放題です。これを活用すればするほど金額的に大きな違いが生じるのは間違いありませんが、このサービスを設けていることそのものに運営している方々の意気込みを感じます。

毎日このサービスを展開するのはかなり大変なことだと思うからです。それでも提供し続けるのは、やはり生徒にとってアウトプット環境が整っていることがいかに大切かを強く意識してのことだろうと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。スパルタ英会話はコストパフォーマンスの面でどうなのか、見てきました。他のスクールでも同じように展開しているサービスもあれば、スパルタ特有のサービスもあります。

無料体験に行ってもそうでしょうし、ウェブサイトに行ってみても分かることですが、このスクール、方法論がかなり明確です。

ひとつひとつのステップに進むためにどんな改善点が必要か、独自のメソッドに沿ってトレーニングしてくれるでしょう。そのための環境もよく整えられていると思います。この独自のスパルタメソッドに納得がいくなら身を任せてみてもいいのではないでしょうか。

短期で留学するだけでもかなりの額のお金が必要です。飛行機運賃だけでもそうです。それを思うなら、生活を大きく変化させることなく良い環境が手に入るわけですから安い買い物といえるかも知れません。

もうひとつの良い点は忙しい中で何かを身に着けるノウハウを得られることです。たいていの方はそれなりに忙しく毎日を過ごしているはずです。でも、ここでの3ヵ月はおそらく更に忙しくなることでしょう。大変かも知れませんが、これは今後何かまた別のことにトライするときの良い経験になるに違いありません。

スパルタ英会話は金額だけで見れば決して安い英会話スクールではありません。

ですから受け身の姿勢で学ぼうとする人には高い買い物になると思います。でも学ぶ意欲のある方、あるいは必要に迫られている方にとっては逆に安い買い物になると思います。コストパフォーマンスに見合うものにできるかどうかはまさしく自分次第です。スパルタでごめんなさい。

スパルタ英会話

ネイティブ講師・コンサルタント・オンライン講師が、マンツーマン指導で生徒様の目標達成をサポートします。

総合評価 4.2
対応地域 新宿御苑
特徴 短期集中トリプルマンツーマン体制/カスタマイズ型プログラム/1日10時間グループレッスン通い放題
この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事